STAFF

今日の想いを、未来のカタチへ繋いでいく、京未来の仲間たちです。

七山 寛至

Nanayama Hiroshi

代表取締役

わたしの今日

我々は日本社会においてどうあるべき(Should Be)、どうしなければならない(Should Do)という枠組みのなかで考えて、動いてきました。しかし、閉塞感も同時に感じており、それらを突破する力を求めるようになっています。

わたしの未来

会社の存在意義、なぜ社会に生かされているのか、について考えるようになりました。今日は、Do things rightであり、未来は、Do the right thingのように感じますし、Connecting the dotsのような気もしますが、そこまで単純化できる話でもないような気がしています。